FC2ブログ
かずみん
  • Author:かずみん
  • ★住所 首都圏のとある町
    ★お仕事 立ち仕事?
    ★人妻。。。じゃない
    ★驚くホドのPCオンチ
    (><)
    なので、何か失礼があったら、ごめんなさい。 
    色々ご指導お願いします。
    ★ソフトですがアダルトコンテンツが含まれていますので、
    18歳未満の方は、さようならデス。
    (早く大人になってね)

  • RSS
秘密のLOHASEX★
とうとう秘密の扉を開けてしまった! 本当は誰にも言えない秘密の恋のお話です。
プロフィール

かずみん

Author:かずみん
★住所 首都圏のとある町
★お仕事 立ち仕事?
★人妻。。。じゃない
★驚くホドのPCオンチ
(><)
なので、何か失礼があったら、ごめんなさい。 
色々ご指導お願いします。
★ソフトですがアダルトコンテンツが含まれていますので、
18歳未満の方は、さようならデス。
(早く大人になってね)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修羅場への道
遅くなりましたが (;^_^A 先日

Keiさんの
『誰にも言えない秘密‐STORY』
のリンクを頂いてきました。

最初はブログタイトルにひかれて
見せていただくようになったのですが、
(あと、お友達のJさんが登場してたので~^^)

毎回違うシチュエーションにドキドキしちゃいます(//∀//)
Keiさんの、床上手!っじゃなくて!
聞き上手っぷりには、
ついついいろんな秘密をブチマケテしまいそうです★

もう脱毛…じゃない脱帽(^^ゞ
ぜひ遊びに行ってみてくださいね!
あと秘密のある方は、思い切ってKeiさんに
告っちゃってください***

刺激的なエントリー満載なのです~★
(Keiさん、こんなんでスミマセン!)


あと…今さらですが、

『脳内メーカー』 (;^_^A

やった事ある方も大勢いらっしゃると思いますが、
私も本名で、やってみたら、『秘』がいっぱいありました!(◎-◎;)

まんざら嘘じゃありません!
私の近しい友達も、仕事仲間も
私が不倫をしている事も、ましてやその相手が
みんなも顔を合わせた事がある人だなんて★
誰も知りません!

今まで数多くの必殺ナイショ話が、
ザルのように簡単に洩れて
それが修羅場への幕開けとなり
一気に人間不信に落ち入って、あとは泥沼と化す・・・コワイデス

そのすべての根源は最初この一言
『相談があるの、ナイショにしてくれる?私不倫してるの…』って、

イタイ友人の件も多数知っています!Σ( ̄□ ̄;)

今までは他人事で済んだけど…

なので女友達にも一度も彼のコトで相談した事はありません!

おまけに社内でもPCオンチでそのテの仕事からは
極力逃げているこの私が、
いつの間にやら、ブログを始めちゃってる!

しかもアダルトって(☆。☆)

もちろん彼にもナイショです!ドンダケ~?

自分でもちょっと怖いくらいで、
リアルに誰にも言えないSTORYです!

字体を換えたり、スペースを取ってみると、
若干変わるみたいですが、
あと決まって出てくるのは、

『休』 『H』 『悩』 『欲』

んもぉ、いつ見たの~( ̄□ ̄;)!!
全然笑えないし~(汗)

えっちぃなコトと寝るコトが大好きで、
ちょっとばかし秘密&悩み多きお年頃の
かずみんなのデシタ~(;^_^A


[READ MORE...]
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

秘密のLOHASEX★
舐めてくれ…

弾けるように
彼が取り出したそれは
男らしくそびえていました。
汁が溢れ、暗闇の中でもわかる程に濡れて光って…

あぁ~舐めたい…

そう思いながらも
うっとりしながら上下に動かす私の細い指…
ゆっくりと…強度を確かめるように…
溢れてくる汁を全体に擦り付けながら…↑↓
ますます硬くなってくる

されるがままの彼…
時折、ピクンピクンと反応するそれを握りながら、
私の下も濡れてしまう…


もう一度
彼の懇願する声が聞こえる


…舐めてくれないか


あぁ~私もそうしたかった
彼を見つめ頷いてから舌先で先っぽをペロン
腰を震わせながら喘ぐ彼…

どこが一番感じるの?
握りしめた指を上下に動かしながら、
カリと先っぽをイヤラシク舐め回す…
ゆっくりと…ゆっくりと…味わうように…

今度は手を使わずにお口だけでして……と彼

あなたが喜ぶコトなら、
なんでもしてあげるよ

吸い付きながら、激しく…舌先だけで、下から上へ…
右から左へ……
気持ち良さそうに喘ぐ彼の声が聞こえる…


あっあっ~ デチャイソ~


普段の彼からはとても考えられない程の弱気な可愛い声デシタ…

彼のモノを解放すると
ホッとしたような表情の彼…


アブナカッタ…
もうチョットで、出ちゃいそうだったよ!
そっちはどうなってるの?


今度は私の番デシタ
彼の指が優しくはいまわり、
とっくにめくれ上がってるスカートを脱がす…

お尻を撫で回し、腿へ…
一番触って欲しいところを通り越して、そのまま脚の先へ

前に言ってたコトがありました…
彼は脚フェチ…

何度もお尻に這い戻り
ウェストのくびれも確かめるように…
そうされている間にも、私の奥は
どうしようもないくらいになってしまっていました。


あぁ~
今度は私が吐息をもらす番


お願い触って…


もう触ってるだろ?
あとどこを触って欲しいんだ?


彼の手も休むコトなく、動き回っています…
私のしてほしい場所を除いて……

あぁ~今度は私が焦らされてる
腰を揺すって彼の指を誘導してみる


お★んこ触って欲しいんだろ?言ってみろよ


いやぁ~
そんなの恥ずかしすぎる
でも私どうしても我慢できませんでした…


…の、お★んこ触ってください


彼の太い指が私の入り口を撫で回す


俺のちん★をしゃぶりながら、こんなにしてたのか


何度も擦り上げながら奥へと入ってくる

あぁ~たまらなく気持ちいいよ~


彼の耳元で囁く…


入れて、お願い


彼が自分のモノを握りしめ、
私の入り口を何度も擦り上げながら慎重に入ってくる

あぁ~入り口だけでイッちゃいそ~

それでもかまわず彼の硬くなってるそれが
一気に奥まで入ってくる


あぁ~
声にならない吐息がもれてしまう

私の全神経が一点に集中して、
彼の動きすべてを感じ取ろうとしている
必死に彼にしがみつき遅れないように、彼のリズムに合わせる

アッ…アッ…
彼の上で跳ねながら
いやらしい腰使いに完全に参ってしまった


あぁ~やっと…
やっと私達ひとつになれた

私の長年の?願いが叶えられ、身も心も癒された夜になりました。
壊れた夜
その後…

今ではあまり考えられない事ですが…

(なぜか、よく手をつないだり、おでこにチュ~とかはあったのですが)
二人の関係はプラトニックなままでした。

いい歳をした大人が中学生なみで?
逆にちょっと照れくさいくらい…
(今どきの中学生なら、とっくにヤッて、とっくに終わってますよね!…おっと、シツレイ^^;)


私は山車に乗ってる勇ましいその姿を見たその瞬間からずっと、
この男に抱かれたい★
と、思っていたのですが…(;^_^A

彼は、その頃いろんなお誘いも多く、お遊びが盛んで?
私とは、ただプラトニックな関係だけで満足で、
そういう対象にはしたくなかったと…←彼の後日談

私は彼のコトが大好きだったけど、
彼にしてみれば単にお遊びの中の
一人に過ぎないのかな?と、思っていました。(悲)

それにしてもよ…

このまま体の関係が無いままでも、
いづれあきられたら、捨てられてしまうのかと……
不安ではなく、寂しかった。

でもどうせ捨てられてしまうなら、
その前にどうしても私は彼とSEXしたかった…
この体に彼の跡を刻んでおきたい!
そうすれば、いつ別れるコトになっても
彼との思い出が心にも体にも残るから…

どうしたら私、彼の喜ぶ女になれるんだろう?
私には魅力がないの?


そう思っていた矢先、
ある晩、いつもと同じように彼と一緒の帰り道でのコト…

いつになく、寡黙な彼


…?
どしたの?なんかあったん?
イタズラっぽく彼を覗き込む私
なんかいつもと様子が違ってる…

熱でもあるん?

と、おでこに触ろうと伸ばした私の手にいきなり彼がKISSの嵐★


戸惑って動けないでいる私を
(いい歳して恥ずかしいのですが、あまりにふいだったから)
彼が抱き締める!


彼が耳元で囁く…


逢う前からちん★が勃起して痛いくらいなんだ…
もう我慢できない…


そのストレートな囁きに、
耳鳴りがして、心臓が何倍にも膨らみ、
体中の力が抜けてしまった…

彼の手が私の手を
自分の硬くなったモノへと導いてゆく…

熱い…

初めて触る彼のモノも…
彼の吐息も…

あぁ…こんなに硬い…

自然と動いてしまう私の指
形を確かめるように…
何度も上下に擦りあげる

たまらずに彼が吐息をもらす…

たまらなかったのは私も一緒で、
私の奥からも熱いモノがこみあげくる…


あぁ…
彼が吐息とともに囁く…

じかに触って…

二人の手が同時に彼のベルトを外しにかかり、
彼の生ちん★が
とうとう目の前に…


長くなっちゃったので、続きはまた★

[READ MORE...]
ずるい関係
結局こうするしかなかった。

彼との関係を続けたいと願う私…
矛盾だらけのセルフミーティングは延々と続き、

なんだかそのうち、どれが本当の自分の気持ちなのか
わからなくなっちゃいました。

ただ彼と付き合う以前に、私一人の責任で
このまま好きでいさせてもらえないかと…
これからも変わらず家庭を、家族を大事にしていられるように、
私はそばで応援してる!←ある日の結論


あ~やっぱり、不倫なんて、性に合わない!
メンドクサイ!なんて…←ある日の結論

なのに彼を見かけると、また簡単にダメになりました。
すれ違うだけでテンション上がりまくり、胸がキュンとなる★
それまで悶々としてた気持ちは情けないコトにまるで役立たずで…

結局、私の中で決めたコトは、

★ 彼に恥をかかせるような事は、絶対にしない!
 (↑それはある意味自分の為でもあり、
  お互いの社会的立場を守るため…)

★ これから何があっても人のせいにしない。
 (↑彼の言動とは関係なく、あくまでも自己責任で好きでいること)

★ 彼には何も望まない!
 (↑悲しいかな、何か望める立場じゃないし…でもそれが現実デス
  彼には結婚して、子供のいる責任を、まっとうして欲しい
  それが出来ないだらしない男なら、好きになんてならなかった!)

★ 泣かない!
 (↑この関係が辛くて泣くようなら止めればいいっていうか、
  彼とはいつも笑顔で逢いたいから…)

★ 二人だけの秘密を守る!
 (↑一番重要?)

女の意地にかけて、彼に誓いました!

その時、彼はなんて言ったっけ?

彼にとって、まるで都合のいい女でもいいと思いました。
何も関わりが無くなってしまうよりは…

でも彼がどのくらい、
私の事を信用してくれたのかはわからなかったけど、
彼にも折り合いを付けてもらって、ようやく?

誰にも言えない
秘密の関係が始まりました★


続きはまた...


[READ MORE...]
祭りのあと
夢うつつの1ヶ月が過ぎる頃、

何度となく偶然が重なって、私達は顔見知りとなり、
顔を合わせると、言葉を交すようになりました。

話してみると、仕事先も住まいもすぐそばで…

なんで今まで気付かなかったんだろ?

ある日の仕事帰り、どこからともなく現れた彼。

今帰りですか?
俺も、もう終わるんで良かったら送りますよ。

心臓がどうにかなりそうでした!

なんとか冷静に…

お願いします。


車の中での彼との会話 … いまだに、覚えてます。
いつもよりすこしだけ遠回りしてくれたみたいでしたが、
それでもあっという間に着いてしまって…
でもまだなんとなく離れがたく、もうすこし、ドライブする事に……


ホントに祭りの時まで、気が付かなかったの?と彼

???わかってない私

どうも彼は祭りの前から、私の存在に気付いてたようです。
祭りの時の様子や自分のコト、家族のコトを楽しげに話す彼。
なんだか、前からの知り合いみたい!
なんなんだろうちょっと妙なこの感覚?
初めてこんなに長く話してるに…?

でも心臓はバクバク☆彡

祭りの若者頭を務めた直後で、元々町の人気者の彼は
男女問わずかなりモテモテのようで。^^;

こんなふうに一緒に帰ってるの誰かに知られたら、
私殺されないですか?

大丈夫ですよ ((笑))

お互いの事がもっと知りたくて、
その時だけではとても足りませんでした。

もちろんその夜は興奮し過ぎて、眠れなかった!


その後 時間が合えば、一緒に帰るようになったのですが、
一緒に過ごす時間が増えるごとに私の中で
彼は大きな存在になっていきました。

もしかしてこれってもう不倫なの?
不倫をしている友達を軽蔑していたこの私が……?

心の中で葛藤していました。

でももっと一緒にいたい。
日ごとに大きくなる彼への気持ちを
自分でも持て余すようになった頃
ある日とうとう話しの流れ?で、
つい自分の気持ちをぶちまけてしまいました!

(今にして思うと彼に誘導されたみたいですが…^^;)

ホントに今誰とも付き合ってないの?

いないですよ(汗)

早くいい人見つけて結婚した方がいいですよ、いい歳なんだから…(笑)

ですよね…?((泣))
でも今好きな人はいるの…ただ…

?(彼)

その人、結婚してて子供もいる…

え~!?不倫は止めた方がいいですよ!

そんなのわかってます、
だから自分でも困ってるの…
その人今日もすぐそばにいるんだもん…
(それ以上何も言えずにチンモク…)
???(彼)

(なぜかその時、どちらともなく手をつないでいました)
力を込めてみる…握り返してくれた彼

…ん?俺~?

恐る恐る、彼を見てみる…
もっと困った顔をするのかと思ったら、
なぜかまんざらでもないような、安心?したような?
なんともいえない表情の彼!

えっ!もしかしてやられた?(私)

してやったり!?(彼)


彼はとっくに私の気持ちに気付いてたようです。

どうすればいい?
何度となく繰り返されるミーティング?

そして二人の出した結論は………


長くなってしまったので、続きはまた…★
[READ MORE...]

テーマ:裸エプロンの奥さん - ジャンル:アダルト

信じられないけど…
昨夜のコト・・・

 

お世話になってます、
じゅんぞうさんの ひとりえっちが好きな人の集まるぶろぐ で、 
この 秘密のLOHASEX★ を 
ご紹介していただいちゃいました(*^_^*) 

昨年の今頃、ただこっそり覗かせていただいてた私が、
まさか こんなコトになろうとは…? 
いまだに信じられないっす(;^_^A 
でも……
まだ付けてるのが、ちょっと気恥ずかしいカウンターが、 
チビッとずつ動いてる!?
ってコトは、こんな地味な まだまだどこへ向かうともわからないブログを、 
見てくださったり、間違えて?飛んできてしまったりしてくださる方達が 
いらっしゃるんですね☆彡
なんか、すごく嬉しいデス(*^_^*) 

ありがとうございます☆彡何にも技が無いので、 
シンプル極まりないですが、すこしずつでも更新増やせていけたら、いいなって思ってます。 

なので、どうぞこれからもよろしくお願いします(^O^) 

じゅんぞうさんのブログへは、大変申し訳ないのですが、リンクから行ってくださいませ(^^ゞ
ホントにエッチで?人間味あふれる、楽しいブログなので、ついつい遊びに行っちゃいます。 
今日もこれからちょっくら覗いて来ようっと!(o>ω
えっと、この間の続きは今執筆中?なので、 
もう少々お待ちください(;^_^A 
(って、待ってる人はそうそういないと思いますが…^^;) 


もう一つの出逢い
なんで私ここにいるの?
それはある男性ブロガーさんとの出逢いがきっかけでした・・・

前回の秘密の恋の相手とは、今も継続中なのですが、
その彼と、昨年の夏頃仕事の都合で
なかなか思うように逢えない(もともと、自由のきかないお相手ですが・・・(;^_^A)
時期があり、それにあいまって、
仕事で苦手なPCをどうしても触らなければならなくなったコトもあって、
もうなかばヤケクソ気味に仕事の合間にいろんなサイトを覗いてた時のコト・・・ 

なんか気になるブログを発見!w(°0°)w

それにちょっと?エッチィな記事満載で、初めて見た時の衝撃☆彡

かなり興奮してしまいました!

画面を見ながらとうとう
我慢していた左手が、スカートの端から奥へ・・・
もう触る前からわかってました。 

ヌレチャッテル・・・(*/ω\*)

たまたまその日仕事場で一人だったコトもあり、 
もう止まらなくなってしまいました。 

あぁ~私本当はお仕事中なのに・・・ 

いけない事をしていると思うと、また余計に興奮してしまい、
とうとう指を入れてしまいました! 
あぁ~イヤラシイ!はしたない音がしちゃう~(*/ω\*)
でも こうなったら、途中で止める訳にもいかずに・・・ 
気持ちいいところは、よくわかっています! 

早く早く↑↑↑

誰か来ちゃったらどうしよう・・・? 
あぁ~でも気持ちいい~ 
激しく動かす指使いに
だんだん息遣いも激しくなって、
とうとう 

イッテシマイマシタ↑↑↑(//∀//)

しばらくは放心状態・・・
ふと我に返り、
アタシって、本当にイヤラシイ・・・
仕事中なのに・・・こんなに乱れて★

長くなってしまいましたが・・・^^;
その日から、そのブログから、毎日目が離せなくなってしまいました!  

そのブログは・・・ 

ひとりえっちが好きな人の集まるぶろぐ サマ

今年になって、ある事がきっかけで、時々コメさせていただいたりしています。

管理人のじゅんぞうさんには、
今も全面的にお世話になっておりまして・・・(*^_^*)

ブログをはじめるきっかけを作っていただいただけじゃなく、
その後も熱心に誘っていただいたりして、
とうとう調子に乗って初めてしまいました!

優しいじゅんぞうさんについつい甘えちゃってます★(じゅんぞうさんファンの皆様ごめんなさい)

じゅんぞうさん、本当にいつもありがとうございます。 
どうかこれからもよろしくお願いしま~す(^ε^)-☆Chu!! 


恋に落ちた日
どこの人だろう? 
時々町中で見かけるあの人・・・
なんかやたらと目が合う?でも目の悪い私には、
本当に目が合ってるのか、わからない。

時々小さな男の子の手を引いて歩いてる。
あぁ家庭があるんだ。

そんななんとなく気になるぐらいだった その人が、
町を上げての夏祭りの初日、
その年の若者頭として山車に上がり、
お囃子にのって威勢よく目の前を通ってる! 

一瞬目が合ったかな?
その瞬間 アタシは山車の上から、
魔法をかけられたみたいに動けなくなって・・・☆彡 
その日から3日間、熱病におかされたみたいに、
ただひたすら彼の姿を追いかけ続けたのです。

そして最終日の打ち上げで、挨拶をする彼。  
感極まって声がつまってる彼に、大勢の仲間から声援が飛ぶ。 
かなりの人気者なんだな。
その中に、彼の名を呼ぶ声が・・・

あ~、そうだったんだ!

ようやく、彼の名前も仕事先もわかった 
6年前の夏祭りの夜

私は秘密の恋に落ちました★


     この続きはまた・・・
はじめまして (*^_^*)
まず、見つけてくださってありがとう。
超アナログな私…かずみんデス。 

秘密の恋をしています。

大好きな人とするSEXは、身も心も癒されちゃうけど、
でも時々それだけじゃ
足りなくなっちゃって、
そんな時は、一人で癒しを求めちゃう・・・(//∀//) 

でもでもまず健康じゃなくちゃ、
気持ちいいSEXもオナニーもできないから・・・ 
LOHAS的にちょっとだけ体にいいコトもしつつ、
(微妙なお年頃デス(;^_^A)
SEXのコトと秘密の恋のお話なんか出来たらいいな。

たまに画像なんかあったりして・・・(^.^)b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。